携帯・PHS各社、メールの絵文字を共通化

携帯電話・PHS事業者6社は4月24日、事業者間のキャリアメール、SMSでやり取りされる絵文字の数と種類を2014年5月以降、順次共通化することを発表しました。

発表した6社は、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムです。

従来は他社携帯電話宛に絵文字入りのメールを送信した場合、受信側の携帯電話では異なる絵文字や、文字、「〓」表示に置き換わり、送信者が意図しない絵文字が表示されることがありました。例えば、ドコモの「ドア」の絵文字は、これまでau・ソフトバンクの携帯電話では「〓」表示に置き換わっていました。

各ユーザーから改善の要望が強かったこの問題を各社間で検討した結果、キャリアメールとSMSをUnicode(※)に対応させることで絵文字の数と種類を共通化することになりました。

絵文字の数と種類が共通化されると、大きく意味が変わらないように絵柄のデザインが共通化されます。なお、ドコモとauは比較的シンプルで、ソフトバンクグループは立体的でリッチなデザインになっているといった違いはこれまでと同じで、各社で完全に同じデザインになるわけではありません。

共通絵文字は、各社が5月下旬以降に発売する「アンドロイド4.4」搭載のスマートフォン(高機能携帯電話)から対応します。

※Unicode…世界で使われる全ての文字を共通の文字集合にて利用できるように、符号化文字集合や文字符号化方式などを定めた文字コードの規格。日本発の絵文字が多く取り入れられており、絵文字は海外でも利用されるようになっています。

■ ニュースリリース(NTTドコモ)
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/04/24_00.html

■ ニュースリリース(KDDI)
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/04/24/309.html

■ ニュースリリース(ソフトバンクモバイル)
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2014/20140424_02/